夢のうつろい

心に残る儚げな花の美しさ

台風のあと。。。 

「いつかはこの日がくる」とここ数年、台風でなくとも心配の種だった
木製のラティス。
12年前、合成樹脂素材の選択肢もありましたが
やはり木材の雰囲気には勝てず…
造園屋さんが柱をノミで造形したりして作り上げてくれました。
完成したときの光景はまさに「建った」って印象でしたわ。

   ぶらんこ
   メインガーデンから見た出来たてのころ。

   4ラティス 
   RoseGarden こんぺいとうの小道 写真奥は四季菜庭ヘ・・・

   四季菜庭
   四季菜庭    *ワタシではありませんょ^^;; 



塗装や杭をかませるなどメンテはしてきました。
なんといっても24枚。枚数が半端ではありませんでしたから


今回の台風。風がすごかったですね。。。


端っこから18枚までが壊滅しました。
格子がスコーーンと飛んでいたり、柱がバキバキに折れたり。。。
あっちに傾きこっちに突き刺さりで
「どーすりゃいいんだ?」状態でした。
でもね。12年間、外で雨風にさらされながらこの庭の景観を造ってきてくれたんです。
植栽が多くなるにつれ、ラティス自体は目立つ存在ではなくなってゆきましたがこの庭をがっちり固めてきてくれた外堀のような存在でした。


綺麗に片付けました。
柱・枠・格子。(まだ建ったままの柱もあるのですが)
格子部分は一つ一つ分解して。。。




さて・・・これからどうしましょ?片付けている最中も、案をめぐらせました。



生垣にしたいと思うのですが。。。
それも、個性的な木で。。。
今日、造園屋さんと打ち合わせです。


trackback: -- | コメント: 9 | edit

コメント

鍵コメ aさま

ご心配ありがとうございます。
チカラ仕事はお手の物!と胸を張りたいところですが・・・
やっぱりキツイ~。
18枚分を分解バキバキしたんですから、じぶんでも”よくやった”と残骸の山を見て呆れたり感心したり(笑)

次なるステージ? ご期待くださ~い♪(←大丈夫かなぁ~^^;;;)))

ゆめ #k9MHGdfk | URL | 2009/10/14 20:37 * edit *

うんっっっ

これはやっぱり新たなるステージです。
残念ですけれど。私ですら見慣れた風景の一部だったのですから。
でも諸行無常の響き有り。気張って下さい!
それにしても、解体はすごいですね。私はお写真を見ているだけで脳内筋肉痛でクラクラします。
だって箸より重そうなんですものぉ(爆)
生け垣?何でしょう?
また新しい植物を紹介していただけるのかしらん。
こちらでいくつの名前を覚えたことか。楽しみですわぁ。ワクワク♪

けい #FXbBe/Mw | URL | 2009/10/14 22:04 * edit *

色々がんばってましたー^^v

格子になってる板。アレをバリッ!バリッ!っと長いものは4つ折り。短いものでも2つ折りにして木っ端にし市の大サイズのゴミ袋に10個分。
もちろんキツキツに入れて^^;;
袋の取っ手は結べませんから、ひたすらゴミ回収車が来るのを心待ちに後片付けを並行しておりました。
だって~「多すぎ!」とかって判断されて残されたらこまりますからねぇ。
いつもなら9時半ごろに到着の回収車は祝日のためか、13時半を過ぎたころスゥーっと到着。
小走りにそこへ駆け寄り、「多くて申し訳ありません」と頭を下げると「大丈夫ですよ」と重い袋を放り込んで行ってくださいました。
「ありがとうございました」持って行ってくれたことにも、ラティスにも感謝を込めて見送りました。

格子の部分は無くなりましたが、柱。枠。大物は造園屋さんが引き揚げてくれるまで数日を要し。。。庭の隅に寄せてはあるものの、大量の材木が横たわっています。
枕木のときもそうでしたが・・・
やはり木材は後が大変ですね。
質感や雰囲気優先できましたが、これからは10年後を見据えて考えないと。今回と同じような荒っぽい仕事はもうできなくなってるかもしれませんからね^^;;(案外パワフルにやってたりして?爆)))

生垣と言うからには常緑ですよねぇ。
最初はね。ミカンとかレモンなんかどうよ?ってバリバリぶち壊しながら考えてたんです(笑)
でもな~…ちょうちょの養成所になるのもイヤだなぁ~v-12

虫が付きにくくて雰囲気のいい、それでいて葉や枝に動きのある木がいいなぁe-266
ね、そう思いませんか?
風が吹いてもビクともしないガチガチの生垣はちょっと。。。
色も緑みどりしてるんじゃおもしろくないでしょ?ってことで…

生け垣がそれらしくなるのにはきっと3~4年かかるでしょうけど
これまでも、そうして完成品を求めてきたのですから(未だ手にしてませんが)
そんなものだと気長に肝っ玉据えることにいたしましょう。

長々になりました。
でも、”どんなだったか”一部始終お話したくなっちゃって^^;;

ゆめ #k9MHGdfk | URL | 2009/10/14 23:32 * edit *

この長くてきれいなラティスが今はもう無いんですか。。。
かなりの強風が吹き荒れたんですね。
台風通過後はボーゼンと立ってらっしゃるゆめさんを想像しましたが
気を取り直してのお片付け、お疲れ様。
筋肉痛は出てませんか?(^^)

常緑の生け垣、どんな樹がご招待されるのかしら?
楽しみに待っています、私も(^^;)

mimoza #US7Is6OM | URL | 2009/10/15 09:26 * edit *

思い出しました!

生垣といえば、柳生さんの八ヶ岳だより。
ご記憶かもしれませんが、4/11の「イギリスだより3」の記事です。
私の概念を覆した写真でした。
あ、アレをやれというわけではありませんよ。
ただ、ゆめさんのお話を聞いていて、生垣の意味とか意義とか、なんかそんなことを思ったのでした。

けい #FXbBe/Mw | URL | 2009/10/15 12:09 * edit *

mimozaさん

こんにちは~♪

思った以上に強風だったのと、木材自体に耐久性が無くなっていたことが大きな原因でしょうね^^;;
分かっていたことですので、目の前の現実をあっさり受け入れられました(苦笑)
庭を造ってもらった当初は枕木を庭にたくさん入れて、小道や仕切りにしてもらっていましたが・・・
やはり歳月が経つうちに腐りが入り、ぜーーーんぶ撤去してもらいました。
もうこれで、木材を使った造作は庭に入れることはないでしょう。

どんな木が来てくれるかお楽しみに~(^^*

ゆめ #k9MHGdfk | URL | 2009/10/15 13:33 * edit *

結構大事?そんな予感は過ぎりました。
でもここまでとは・・・私の予感をはるかに超えてました。
連日の片付け作業、ホントにお疲れ様。
家のように1~2枚のラティスならともかく
18枚ものラティスの倒壊ともなれば
ただラティスが壊れただけでは済むはずもありませんよね。
庭の植物達への被害も・・・と考えると心中お察しします。
ラティスが撤去されたのは残念にも思いますが
ゆめさんの新たな庭が見られる事を楽しみにしていますよ。
どんなチョイスなのかしら~。
我が家でもないのにワクワクしてきちゃいました。

ドルシュキ #- | URL | 2009/10/15 17:00 * edit *

けいさん

blog、時々おじゃまする程度だったので、イギリスだよりは全く知りませんでした。
どこから入れば見れるか、アチコチ探したくらいです(笑)
何代もに渡って庭を受け継がれるだけあって
生垣も全く発想が違う!んですねぇ。
柳の棚?「あんなの”あり”なんだ~」 って感じでしたね。

ウチのこの庭はだーれも後を継ぐ人はいないでしょうから(笑)
手っ取り早く『生垣』になってくれる木をフツーに育てましょ(爆)))

いきなり2メーター近くある木をお願いすればすぐに生垣になっちゃうのですが・・・
そこそこの樹高からスタートしてみようかと思っています。

ゆめ #k9MHGdfk | URL | 2009/10/15 20:47 * edit *

ドルシュキさん

どーも^^;;やっと記事にできました^^*
あのね、幸いなことに倒壊は畑の方から始まって、バラのところでは傾いたりしてはいるものの、堪えてたんです。
なので、倒されたり下敷きになった植物はゼロ!なんです。
ただ…いっそのことぜーーーんぶ倒れちゃったほうが良かったんですよね。
バラの後ろのラティスはしっかり建ってるんですが、この際ですから取り外してもらうことにしました。

>どんなチョイスなのかしら~。

アハハ^^;; 桃栗3年柿8年 かもしれませんよ~(笑)))

ゆめ #k9MHGdfk | URL | 2009/10/15 20:57 * edit *

コメントの投稿

Secret