夢のうつろい

心に残る儚げな花の美しさ

茄子紺ちゃんに… 


ショッキングなお知らせで…

画像を載せるのも辛いのですが…

こんなこともあるという後悔と戒めと

みなさんのご参考になれば…と。。。


数日前からなんだかひと茎だけヘン。

私がむりして写真のポーズを要求したのがいけなかったか?

上を向かせて茎の中の繊維でも切ってしまったのだろうか…

水がほしいなら、株全体なはず。。。

翌日もやはりどことなくシナッとしている。。。

茎を引っ張ってみると、

意外にもしっかりしていて、チカラをこめた。

    これだ!



043 2-13


045 2-13


我が家は全てのヘレボが地植え。

寝転がってでも観察しない限り株元はとても見ずらい。

ましてや、私に見える側はこの2枚目の方だった。

2枚目写真の、右の葉やつぼみは生きているようにさえ見えた。
(だから・・・こんなことになっていないでほしい という願いの方が強かった)

コレは「灰色カビ病」

クーッ!よりによってなんてこった!!




風で飛ばされてきていた落ち葉を綺麗に取り除き

トップジンM 1000倍液ですべての株を散布しました。


これで、治まってくれるとよいのですが。。。。




trackback: -- | コメント: 9 | edit

コメント

病!?

きっと早期発見でありますよう。
病に倒れて尚美しい茄子紺さんに感謝を捧げます。。。

けい #FXbBe/Mw | URL | 2009/02/15 21:04 * edit *

ほんとは・・・

もっと色々書いたのですが・・・
書き込みの際に、禁止キーワードが含まれています、と言われました。
世の中そんなものですか。
しょうがないけど・・・削っていったら2行になっちゃったんです^^;;;

けい #FXbBe/Mw | URL | 2009/02/15 21:06 * edit *

あらら…

それは失礼いたしました<m(__)m>

茄子紺ちゃんがこんなことになって、
「あ~っ!もうヘレボなんて!!」と悔しくてイヤ気がさしました(^^;;
ある意味、バラより気をもみますね。
このコと同じものがナイってことが1番キツイです。
それに、草じゃないですか。木よりはるかにダメージを負ったら最後です。
今年は本気で茄子紺ちゃんの種を特別扱いで蒔くことにします。
(種が採れればの話ですが・・・e-263

ゆめ #k9MHGdfk | URL | 2009/02/15 21:34 * edit *

エッ? (;゜⊿゜)ノ マジ?

夢であってくれたら・・・でも現実なのよね~。
相当のショックだったでしょうね。
クリスマスローズを育てていれば灰色カビ病は耳にするけれど
こんなに無残な状態を見たのは初めて。
ましてや、茄子紺ちゃんが被害者だなんて悲しすぎるわ。
それにこれから咲くって言うタイミングでだなんてひどすぎる。
お薬が効いてこれ以上被害が拡大しない事を祈ってるわ。

ドルシュキ #- | URL | 2009/02/16 12:48 * edit *

お騒がせします

さすがに茄子紺ちゃんは ねぇ …
でも、今日1日の様子は「被害拡大なし」です♪
このままいけそうです。
けいさんのコメントにも書かせていただきましたが
バラに何かが発生したときよりはるかにショックは大きいですね。

バラだけでなく、ヘレボも定期的に散布したほうがいいんでしょうかね。。。
手のかからないコだったのに・・・(苦笑)))

ゆめ #k9MHGdfk | URL | 2009/02/16 16:32 * edit *

ゆめさん、お見舞い申し上げます。
でも、さっさと手を打たれたところはさすが。
被害の拡大なしということで早期発見できたということでしょうね。
種が取れますようにお祈りしています。

Keiko #DR3n2SZY | URL | 2009/02/16 18:04 * edit *

Keikoさん

お見舞いありがとうございます。
きっと、茄子紺ちゃんも庭で「ワタシがんばります!」と答えていると思います。

長くなりますが少々語っちゃお^^;;

古葉切りをためらってやや多めに葉を残したんです。
どうも古葉切りをするようになってから本に載ってるような『病』に見舞われることが多くなったのではないかと、心のどこかで古葉切りには否定的な部分がありまして。。。
でも、やはり思いっきりサッパリしてあげないと花をあげてきている邪魔になり、さらには風通しやおひさまの光が届かないなど障害も多々。
わかってはいても、切れない、切りきれないジレンマ。

さて、灰色カビ病と向き合うハメになって まず。。。
落ち葉を綺麗に(1枚残らず^^;;)取り除き
古葉を切るしかないでしょう…。
でも弱ってる株に新たな切り口を作ってそこから細菌が入ったらもっと危険にさらすようなものでは?
「あ~~~!誰か教えて~!」 ホントにそんな心境でした。
でも、薬剤に信頼をおくことに決め、古葉をすべてカットし散布。

毎年迷ったり腹を据えたり…どうもヘレボに関しては一進一退をくりかえしています^^;;

私にとってヘレボは手のかからない下草だったのに…
いつのまにか冬の代表格として脚光を浴び始めたヘレボは貴重な存在となり元気でいてもらわなければならない存在へと意識が強く変化しました。


あっゴメンナサイ。すっかりならべてしまいました。
飛行機に乗ってお膝元へ伺ったと思ってお許しください^^;;

しっかり観察しながら愛でてまいりたいと存じます<m(__)m>

ゆめ #k9MHGdfk | URL | 2009/02/16 20:32 * edit *

ご教示どうもありがとうございます。
わたくす、ヘレボに関しては赤子同然でして何もわからないのでこういう話はありがたい(ごめんなさい)です。いつか自分が向き合ったときのためにしっかり頭に刻んでおこうと思います。

ちなみに飛行機に乗ってしまえばほんの12時間ですので、よかったらいつでもお越しくださいませ。(笑)
いや、いつでもではなくやはりバラが少しは咲いているときのほうが話の種があるかも・・・なんチャって。^^

Keiko #DR3n2SZY | URL | 2009/02/17 02:35 * edit *

Keikoさん

ゴメンナサイ。ながながしゃべっちゃって。
私の記事の中で語ればよかったことをKeikoさんに聞いていただいてしまいましたね。お許しくださいね。
茄子紺ちゃんが今シーズンを乗り切ってくれるよう見守っていきますv-22

ゆめ #k9MHGdfk | URL | 2009/02/17 08:45 * edit *

コメントの投稿

Secret