夢のうつろい

心に残る儚げな花の美しさ

作庭家のお庭へ・・・ 

薄日の差した朝でした。

かねてより愉しみにしていた「作庭家」のお庭へ。

我が家からナビゲーションの案内によると

片道30キロ弱。

お利巧ナビの指示を頼りにスタートです♪

一部「バラ三昧の週末」と心待ちにされていらっしゃる

ローザリアンがいらっしゃるようでしたが(^^;;

今日は、本格的なお庭へのお招きでした。


IMG_7628hayasitei.jpg



正面の門構えです。

「自然風モダン和風のお庭」を感じさせる巨石と灯篭が

訪れる人を暖かく出迎えてくれているような・・・

その先におおきな期待を持たせてくれる入り口でした。

IMG_7627hayasitei.jpg



里山の懐に抱かれるようにして続く、

大谷石や自然石で作られた石畳を進むと・・・



知らない土地へのドライブに緊張続きだった私の全身の力が

ホッ)))と抜けるような、暖かな秋の陽射しをうけて

浮かび上がるような景色が広がりました。雄大な自然を背に、

庭主と奥様の穏やかで「お待ちしてましたょ」とでも云わんばかりの

お出迎えを受けて、懐かしい場所にかえってきたかのような

安堵感につつまれた私でした。


今年お作りになられたというバラの園でいうなら「ガゼボ」のような

IMG_7625hayasitei.jpg


栗の木でつくられたここで「まずはお休みください」と奥様。

3時間近くのドライブですっかりお昼を過ぎて、お腹もペコペコだった私。

大谷石で作られたという大きな釜(最初は陶芸の釜かと思ってましたが)

その釜から、ホカホカのジャガイモとさつまいもが運ばれました。

温かいお茶と手のひらに包んだジャガイモのぬくもりが

ハンドルを握り続けた手にじんわ~りと熱が伝わって

チカラが抜けるような感覚を覚えました。


IMG_7634hayasitei.jpg


屋根の芯の部分・・・。自然のままの姿を見事に生かされていますネ。



こ一時間もここで歓談させていただいたでしょうか・・・

すっかり解き放たれた私は、庭主のご案内で庭園を散策。

貴重な原種植物の数々。

至るところに点在されている灯篭は江戸時代のものもあり・・・。

(お武家様のお屋敷にあったんだろうな~)なんて時代劇の一場面を想像したり。


庭門といったでしょうか?・・・庭に入り込んだところに設えられた門

IMG_7624hayasitei.jpg


五本の柱が物語るように、向かって右側が前に出ています。

その柱にかわいらしいカエルの置物。

「この庭には全部で六体のカエルの置物があるんですよ」

六体のカエル 「迎える」だそうです(*^^*)


IMG_7621hayasitei.jpg


この先には「うコッケイ」が赤ちゃんも含めてたくさんいました♪

可愛らしかったですよ(^^v


IMG_7630hayasitei.jpg


このキノコの小道を登っていくと紅葉(もみじ)の大木の下に石のテーブルセットが。



IMG_7633hayasitei.jpg


枯山水の流れの上にかけられた石の橋。


IMG_7620hayasitei_20071117222929.jpg


外堀 とでも表現したくなるような外壁。

古い瓦を再利用されていらっしゃるようですね。



作庭家というお仕事柄からか、

随所に古き良き時代の作品を配置されていました。

「また、春の芽吹きのころにいらしてね」とおっしゃっていただきました。


山里に夕焼け小焼けで日が暮れそうになるまで

澄んだ空気のなか、のんびりとした時間をすごさせていただきました。



trackback: -- | コメント: 6 | edit

コメント

\(◎o◎)/!

\(◎o◎)/! \(◎o◎)/! \(◎o◎)/!
 
ひたすら感動・・・・・・
 
石と苔の好きな私には垂涎(失礼^^;)ものです。
こちらの奥様は日本版ターシャさんでしょうか。すごいお手入れですね。
『重要文化財』のお庭みたいです。
石のベンチと太鼓橋とカエルとキノコ!
それに苔の道!
いいなぁ、こういうところに原種バラ植えたいなぁ。。。

けい #FXbBe/Mw | URL | 2007/11/18 11:17 * edit *

うふふ

私の書き方がストレートでなかったので、誤解を生じました^^;;

作庭家の先生、この庭のご主人さまは男性^^
林良冶先生です。
検索でもお名前が出てくる方です。
奥様はおいしいおいもを釜から次々出してくださって
腹ペコの私のお腹を満たしてくださいました(^^v

>『重要文化財』のお庭みたいです。

あっ!その表現当たってますぅ~。
ホントそんな感じですよ。
苔!そうそう・・・めずらしい貴重な苔が綺麗に一面生えているところもあって!
写真撮ってくるの忘れましたが・・・少しずつ移植して育てられたというお話も伺ったのです。

山あじさいが晩秋を物語っていました。
来年は山あじさい、是非買おう~!と誓い!
小さめでいいから、灯篭も欲しい!
出来れば・・・釜!も夢みたい!

はぁ~!刺激をたくさんいただいて帰ってまいりました(^^;;;

ゆめ #k9MHGdfk | URL | 2007/11/18 14:05 * edit *

^^;

よく読むとちゃんと「庭主と奥様」と書いてありますね。
相変わらず人の話聞かないヤツですみません^^;
 
山あじさい!
それって我が家でツルニチニチソウと並んで咲かなかった組さんではありませんか。
あぁちゃんとした山あじさいは秋はどんな風なのでしょう。
灯篭は可愛らしいのにしましょう。結構目立ちますからね。
焼き芋~石焼き芋ぉ~。私も夢です。(夢が違うって?(笑))

けい #FXbBe/Mw | URL | 2007/11/18 21:59 * edit *

『山』とつくだけで、一般の環境ではむつかしいのでは?と妙なしり込みをしていました。
ドームで山野草を扱うお店が毎年、可憐な山あじさいが売られていますが、小さな鉢に爪楊枝のような挿し木状で結構なお値段^^;;;

でもネ。昨日見たのは、決して普通のアジサイのように、太ぶとした木では無かったけれど、伸長も1メーターくらいあったような・・・。葉は、寒々しい色に縮れかかっていましたが、いい風情でしたよん。
心のどこかに「山あじさい」へのあこがれがあったのでしょうね。シャイな私から「どんな庭でも(日当たりがよくても)育ちますか?」と元気のいい?質問!
「大丈夫ですよ」とニコッとお返事が(^^v

きっと、けいさんのお宅でも来年は咲くことでしょう~。
今、どのくらいの大きさなんですか~?
買われたときって、やっぱり小さい鉢でしたか~?
私の来年の購入時の参考に。是非ご一報くださいませ。

ゆめ #k9MHGdfk | URL | 2007/11/18 22:26 * edit *

私は「山」と聞いて丈夫な人に違いないと想像しちゃいました^^;
日陰でOKと聞いたので北側に置いていたのですがサッパリ咲かず、風が強いのがいけないのかもしれないとサイトで見て、室外機の上にお引越しさせました。
ミニバラと同じくらいで6号鉢仲間ですよ。
私の行きつけの会社の近くのタキイさんでは、もっとヒョロっとしたのがちゃんと花を咲かせていました。私はシーズンが終わってからお安く買ったのでまだお花を見ていないんですよぅ(涙)
西洋紫陽花は頭でっかちで派手でちょっと苦手なのですが「山」とか「姫」とか付く山野草にはクラッときます。
枯れてはいないんですけどね。桃栗3年ヘレ3年、ヤマアジサイは・・・何年でしょうか^^;

けい #FXbBe/Mw | URL | 2007/11/19 12:08 * edit *

ならば、私も☆

今日は風が冷たかったですねー。
北のほうでは大雪。
ラニーニャの影響らしいですが
ホントに極端な気象になってしまいましたね・・・。

山!と付けば安心!なのですねぇ^^
なるほど!そういう発想もあるわけですね♪
よーし!恐がらず、来シーズンは好みを探すことにいたしましょ。

「なんでも3年!」「とりあえず3年!」合言葉ですネ(^^v

ゆめ #k9MHGdfk | URL | 2007/11/19 19:06 * edit *

コメントの投稿

Secret