夢のうつろい

心に残る儚げな花の美しさ

四季菜庭では・・・Ⅱ 

20061202133317.jpg



その昔、金柑って

「苦そう・・・とか渋そう・・・」そんなイメージがあって

食べるなんてこと考えも付かない果実でしたわ。。。

それでも、庭仕事の最中、のどが渇いて一つもいでみたんです。

「あら~~ん美味しいじゃない!」(笑)

それから何年もお庭での”おやつ”として頂いております♪

昨年、朝顔が元気よく金柑の木に絡みついたので

夏うちそのまま「朝顔の木」にしておいたら

金柑の木がご機嫌斜め^^;;;;

仕方なく、枝別れしている半身をノコギリで切り落としました。


不思議ね・・・というか・・・正直ね・・・(*^^*)

半身にされたお陰で、養分をバッチリ吸い上げて

蓄えられたパワーは大きな果実を結び

甘さも糖度計を持っていれば驚くような数値になるはず・・・

そのくらい、フレッシュな甘さと香りが♪

風邪予防にもいいらしいですね。





trackback: -- | コメント: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret